埼玉県は北部を中心に現在でもなお美しい自然を多く残している地域でもあります。都心からのアクセスの利便性も高く、都会の喧騒を離れて自然に親しみたいと思っている人の間で人気を集めている場所も少なくありません。

そんな埼玉県の自然を代表する場所といえるのが長瀞渓谷です。船によるラインくだりで名高いこの渓谷は秩父郡にあり、県立長瀞玉淀自然公園に属しています。全長約6km、名称・天然記念物として国から指定を受けています。

それから近年急速に知名度を高めているのが狭山丘陵。入間市と所沢市にある丘陵です。ここが全国的に知られるようになったのはあの宮崎駿氏の映画「となりのトトロ」のモデルになったことによるものです。現在では「トトロの森」とも呼ばれ、多くの観光客が訪れる人気スポットとなりました。

美しい紅葉で秋に多くの観光客を魅了しているのが中津峡。秩父市にあるこの渓谷にはモミジをはじめ、ナナカマドやウルシノキなどが豊かに自生しています。さらに山菜や栗などの収集が楽しめるほか、渓流釣りではイワナやマス、ヤマメといった魚を釣ることも可能です。

それから古くから難関の峠として知られる「雁坂峠」。日本3大峠とも言われており、古代では日本武尊が通ったという伝承が、中世では武田信玄が軍用道路として重視したという記録が残されているところです。

都心からちょっと足を伸ばしただけで、こうした広大な自然を楽しむことができる埼玉県は、非常に奥が深い魅力を備えている地域なのです。

埼玉県では、たくさんの神社・仏閣があります。初詣におすすめスポットが多いのも埼玉の魅力の一つです。縁結びや安産の神様で知られる氷川神社や春日部八幡神社、アニメの聖地としてもその名を知られるようになった鷲宮神社など県内全域にあります。2千年以上の歴史がある神社、国宝として大切に保存されている寺院などもあります。

このところ神社は「パワースポット」としても知られるようになりましたので、初詣だけではなく気持ちが落ち着かない時や、何らかのパワーが欲しい時に向かう方も増えてきました。埼玉で初詣をしたい時にお勧めの場所は?という質問も増えているのですが、人出が多い神社といえば関東最古の鷲宮神社や、さいたま市の氷川神社が挙げられます。駅から徒歩圏内であるところも詣で易い理由と言えるでしょう。初詣だけではなく、二年参りで除夜の鐘を聞きながら仏閣・神社を訪れる方も多いようです。

また、初詣とセットで「初日の出を拝みたい」という方もいらっしゃるようです。秩父市にある三峯神社は山岳信仰の象徴とされている神社です。遥拝殿や鐘楼近辺から望む日の出は標高1100mの何もさえぎるものがない場所から見ることができますので、特にお勧めです。初詣に出かける際は時間に余裕を持ってでかけましょう。寒くないよう防寒対策もしっかりすることをお勧めします。混雑は必須ですので、小さな子どもを連れての初詣は込む時間帯をずらしたり三が日を避ける等の配慮が必要です。